バンドー神戸青少年科学館のバリアフリー情報

バリアフリーマップ TOPへ
バリアフリー度 level3 レベルの説明
アクセス

車でのアクセス

  • 阪神高速3号線 生田川・京橋
    • 阪神高速5号線 ハーバーウェイ経由 新港
    • 駐車場
    •  ・無料・屋外・車椅子用無
    •  ※要事前連絡・要手帳提示

電車でのアクセス

  • 南公園
    • ポートライナー線
    • 約200m (屋根無・坂有)
車椅子トイレ 本館(1Fプラネタリウムロビー・4F)、新館(全フロア)
施設・店舗 博物館、プラネタリウム、カフェ
レビュー

神戸ポートアイランドにある市立の社会教育施設。2014年から地元企業のバンドー化学がネーミングライツを取得しています。6つの常設展示室、特別展示室、ホール、プラネタリウムなどを備えた大きな施設、物理・天文・技術・情報・生命など多岐にわたるテーマ性、イベントも頻繁に行われていて、一言でいうと総合的な科学博物館です。1981年に行われた神戸ポートアイランド博覧会の会場と出展コンテンツを引き継ぐかたちで、1982年にプラネタリウム、1984年に本館、1989年に新館がオープンしました。時間的な経過から近代的なビルとは一線を画しつつあり、ところどころ車椅子で不便な設備も見られますが、貴重な学習インフラであることは変わりないという感想です。

住所・TEL・HP
兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-6
TEL : 078-302-5177
http://kobe-kagakukan.com/
バンドー神戸青少年科学館 外観
科学館 本館は1F〜5F、新館はB1〜4F。エレベータは両館に設置
バンドー神戸青少年科学館 展示室
展示室 常設展示は車椅子での利用に不向きな構造の体験型が大半
バンドー神戸青少年科学館 プラネタリウム
プラネタリウム 230名収容の水平式のドーム。車椅子では左手・後方にスペース多数
バンドー神戸青少年科学館 講座
イベント 地下ホール・特別展示室・各展示室にて体験教室・実験ショー・講座などが実施
バンドー神戸青少年科学館 天体観測室
天体観測室 5F。エレベータは4F止まりで残り1フロア分の移動は階段のみ
バンドー神戸青少年科学館 スロープ
通路 本館⇔新館の連絡は1F・2Fのみ。2F通路は新館方向へLEVEL-2の勾配
ATHENA
飲食 1F入口に食事メニューもあるカフェが営業
バンドー神戸青少年科学館 駐車場
駐車場 入庫口は通常閉鎖されているため利用時に連絡が必要

神戸の天気
2018-01-24
    今日
  • 気温:3
    明日
  • 気温:3/-2

スマートホン

QRコード

SNSで共有