バリアフリー度

レベル レベル1
概ねの目安

身体的には介助者の同伴が必要なレベル。

設備的には大きな段差や傾斜がある、駐車スペースがないなど車椅子での単独利用が困難なレベル。

レベル レベル2
概ねの目安

身体的には下肢麻痺など、車椅子を最大限に操作して行動できるレベル。

設備的には一定範囲内の段差や傾斜など難点があるものの車椅子での単独利用が可能なレベル。

レベル レベル3
概ねの目安

身体的には自立度の高い四肢麻痺など、車椅子操作上の制約はあるが環境を選べば自由に行動できるレベル。

設備的には段差や傾斜などがほぼ解消され車椅子での利用が十分に配慮されているレベル。