和宗総本山 四天王寺のバリアフリー情報

バリアフリーマップ TOPへ
バリアフリー度 level2 レベルの説明
アクセス

車でのアクセス

  • 阪神高速14号線 夕陽ケ丘・文の里
    • 駐車場
    • ・南大門
    •  ・屋根無・車椅子用有
    •  ・無料

電車でのアクセス

  • 四天王寺前夕陽ヶ丘
    • 地下鉄 谷町線
    • 約300m (屋根無)
車椅子トイレ 丸池横、南大門横
施設・店舗 寺院、庭園、食堂
レビュー

593年創建、奈良の飛鳥寺と並ぶ日本最古の仏教寺院。聖徳太子が丁未の乱ののち、四天王像を安置するために建立したと伝えられています。本尊は救世観音菩薩で、信仰としては特定の宗派に属さない和宗の総本山です。車椅子での参拝については、境内に敷かれる石畳の凹凸と段差が障壁となるためLEVEL-2のバリアフリー度です。その前提で、中心伽藍は敷地内に入ることができますが金堂入口に階段があるため内観はできません。聖霊院太子殿・六時堂はともに礼拝場所までの段差は解消されている状況です。境内入口は、階段のみの東大門を除いて走行可能ですが、南大門は急な坂を伴います。

住所・TEL・HP
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
TEL : 06-6771-0066
http://www.shitennoji.or.jp/
四天王寺 極楽門
境内 大きな凹凸のある石畳の路が敷かれ、逸れると石畳に上がるため数cmの段差越えが必要
四天王寺 金堂
中心伽藍 本尊が祀られる金堂はじめ講堂・五重塔・仁王門とも階段があるため、回廊内側までの走行域
四天王寺 太子殿
聖霊院太子殿 聖徳太子が祀られるお堂。前殿の賽銭箱までの走行域
四天王寺 六時堂
六時堂 薬師如来・四天王が祀られるお堂。スロープが設置され賽銭箱までの走行域
四天王寺 極楽浄土の庭
本坊庭園 アプローチは狭く急勾配のスロープ、園路は砂利敷き。段差・幅的に走行域は半分程
四天王寺 南休憩所
飲食 南大門横の休憩所は軽食メニューがあり利用可。庭園の茶室は段差があり車椅子不可

大阪の天気
2018-06-26
    今日
  • 気温:31
    明日
  • 気温:/

スマートホン

QRコード

SNSで共有